So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ジャパンカップ2018東京大会1へ参加してきました。 [ミニ四駆]

ジャパンカップ2018が開幕され、6/17の東京大会1へ参加してきました。
JC2018_tokyo1_01.jpg

今回はセガレとお父さんの2人でお出かけです。
シャーシは2台ともMSフレキ。タイヤは芝のモヒカンを考えて26mmのハードペラにしました。
モーターはHDでギアはちょい速。
JC2018_tokyo1_02.jpg

JC2018_tokyo1_03.jpg

セガレのマシンは前後純正スラダンで、お父さんは前はピボット、後ろは純正スラダンです。
お父さんのマシンは前のピボットの形状のせいで、リアのブレーキにつけたマスダンが少ーし
はみ出てしまいブレーキの位置を穴1つ変えました。

レース結果はセガレは完走2位でした。
結構接戦で順位が入れ替わる面白いレースでした。ロッキングがうまく抜けていない感じでした。

お父さんマシンは完走はしましたが、着順はわかりませんでした。
スピードがかなり遅い。
ピボットバンパーの支点の穴や引っ掛けるゴムの位置を変えると可動が硬くなるのは分かっていた
ので、柔らかく可動する方を選びました。
反りすぎたピボットバンパーが前輪に当たっているのだと思いました。

また次回の大会を楽しみにしたいと思います。
nice!(23)  コメント(2) 

nice! 23

コメント 2

ケンタパパ

フロントのピボットって、ストッパーが要りますね。私も昔タイヤ当たりを経験して、もっぱらスラダン派でした。しかし、今回のコースはなんとか考えてみたいと思います。
by ケンタパパ (2018-06-19 21:13) 

wing

コメントありがとうございます。
そうですよね。可動範囲がゴムの本数とか位置っていうのも狙いがつけにくい気がします。ピボットはロッキングをいなすというのはいいと思いますが、調整が難しいですね。次のレースに出れたら硬めのピボットか、バネ式を勉強してみたいと思います。
by wing (2018-06-21 10:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。